性病というものは、恥ずかしさで病院に行きづらかったり、治療中は性行為ができないなど、私たちにとってとても厄介なものと言えます。そこで今回は「尖圭コンジローマ」という性病をメインに、性病の症状、原因となるウイルスや感染経路、また治療法や治療薬などの説明をしていきたいと思います。

尖圭コンジローマの感染経路と症状

ジスロマックは多くの細菌に効果のある治療薬

ジスロマックは医療現場では人気の抗生物質です。
一般的にお薬は、細菌やウィルスによって起こされた症状を抑え、自身の持つ免疫力を上げて病気の治療を行いますが、抗生物質の場合は、服用した成分自体に、ウィルスや細菌を殺す働きがあり、結果として、病菌の原因菌に直接作用して、病気を治します。

服用する薬品自体に細菌やウィルスを殺す、殺菌作用がある為、自身の人体にもそれなりに影響が出やすい薬品です。そのため処方する際には、注意が必要です。抗生物質についてはハイリスクハイリターンで、大きな効力のあるものほど人体へのダメージが大きく、効果が軽微なものほどダメージも小さくて済みます。しかし人体の影響を考えると、抗生物質と同時に別の薬を出すのが一般的です。

病院で一般的に出される抗生物質の代表格としては、アジスロマイシンを主成分としたジスロマックが良く出されています。感染症性の病気の際に出されることが多く、多くの細菌に効果があるので、医師によってはウィルスや細菌性の感染症の際に特効薬的に出しているところもあります。ジスロマックについては通販でも入手できるので、病院に行きづらい人は通販で入手することで治療をすることができます。しかし症状に合わせて専門医に診てもらう方が安全でしょう。抗生物質の取り扱いは特に注意が必要です。

しかしその効果を最大限に活かすためには、お薬の飲み方も気を付けなければなりません。処方される際には様々な注意点について説明されますが、正しい飲み方で使わないと、効果を十分に発揮することなく、再度治療が必要になります。ウィルスや最近の場合、一度で確実に治療しなければ、場合によっては耐性を持ってしまうため、同じ抗生物質が効かなくなるなどのリスクがあるので注意が必要です。病院によってどの抗生物質をどれくらい使うかは様々ですが、今後の体や生活の為にも、病院で説明される事柄やお薬は正しく使用し、確実に治しましょう。

ジスロマックにはジェネリックが存在する?

今ではよく聞くようになったジェネリックですが、ジスロマックにもジェネリックはあります。
ジェネリックとは、特許の切れたお薬の事で、後発医薬品ともいわれています。
元々その薬を開発した製薬会社以外の製薬会社が、同じ製造方法で製造、販売している薬品のことで、元々のお薬より安価で入手できるメリットがあります。しかも薬品の主成分は同じですので、元々のお薬と同じ効果を期待できます。

ジスロマックのジェネリックについても、主成分のアジスロマイシンを含んでいますので、抗生物質としては同じ効果が期待できます。現在医療現場ではジェネリック薬品を積極的に使用する働きが強くなっています。

近年では各個人一人当たりの医療費が高騰しているため、医療現場では医療費を抑えるための工夫が行われています。しかし高度医療が発達し、誰でも高度医療を用いて今までは治療が難しかった病気も治るようになってきましたので、医療の進歩には目を見張るものがあります。ジェネリックと聞くと、一見元々の薬より劣った感じがしますが、同じ主成分と、同じ製造方法でできたお薬である事に間違えはありませんので、心配することなく、決められた量を決められた飲み方に従って服用すると、効果を十分に得ることができ、病気を治すことができます。

抗生物質を服用する際にとっくに注意しなければならないことは。アルコールの摂取です。
アルコールは抗生物質の働きを弱めてしまう効果がありますので、抗生物質を服用し、効果が持続している間は、飲酒を避け治療に専念しましょう。どれくらいの期間アルコールを摂らないでいる必要があるかは、医師から説明がありますので、それに従いましょう。医師から無い場合は自分から確認しても良いでしょう。

他によく読まれている記事