性病というものは、恥ずかしさで病院に行きづらかったり、治療中は性行為ができないなど、私たちにとってとても厄介なものと言えます。そこで今回は「尖圭コンジローマ」という性病をメインに、性病の症状、原因となるウイルスや感染経路、また治療法や治療薬などの説明をしていきたいと思います。

尖圭コンジローマの感染経路と症状

マイコプラズマ肺炎は他人にうつる?原因と潜伏期間

一般的にウィルス感染の流行最盛期は空気が乾燥する冬ですが、ウィルスの中には乾燥に関係なく常に動き回っている厄介なウィルスも存在します。その季節に関係なく常に動き回る厄介な最近の一つがマイコプラズマであり、そのマイコプラズマに感染した際の病名をマイコプラズマ肺炎といいます。マイコプラズマは空気中にいる雑菌の一種で、ウィルスと書きましたが厳然たるウィルスというわけではなくそれよりも大きいため細菌に近い種類となります。その特徴ゆえにマイコプラズマに感染すると厄介な状態を引き起こします。

まずマイコプラズマは皮膚に付着後に増殖します。本来ウィルスは体内に侵入して栄養素をもらいながら繁殖するものですが、このマイコプラズマは細菌に近いため体内の栄養素をもらわなくても自身で作り出して繁殖することが可能です。そして皮膚に感染して増えて、そのあとに手が口に触れた段階で空気と一緒に体内に入り込みます。そして気管に入りこんでさらに繁殖をして、その後肺に入り込んで肺炎を起こすのです。

マイコプラズマ肺炎は他人にうつるものなのかというと、残念ながら他人に感染します。それは気管支で繁殖したウィルスを排除するために生理現象で咳が出るのですが、その咳の中にウィルスの一部がまじって排出されることがあります。その排出された菌を吸引してしまうと他人にうつることになってしまいます。その症状としては、感染後の潜伏期間としてはインフルエンザと同じく1週間から2週間が目安になります。

そして増殖を開始し始めた後は、初期段階として咳やくしゃみといった風邪と同じ症状がでます。そのため風邪と思って風邪薬を飲んでも、一時的に症状は緩和されますが薬の効果が切れれば再び症状に襲われ始めます。できればこの段階で抑えるのが一番ですが、やはり学業や仕事に奔走し診断が遅れてしまうことはよくあります。そうして診断を先延ばしにした結果、繁殖が終わった細菌が肺に入り込んで肺炎を起こしてしまうのです。特に注意したいのが子供です。子供は免疫力が備わっていないので、この菌に感染すると肺炎になるリスクが大きいのです。

マイコプラズマ肺炎の治療法は?

インフルエンザとおなじ潜伏期間を持ち肺炎になるリスクが高いマイコプラズマ肺炎ですが、その治療法はどんな方法があるのか知識として知っておくとよいです。まずマイコプラズマに肝炎しているかどうかを判別するために、レントゲンや聴診で肺の状況を見極めて白ければ肺炎を疑います。そして肺炎の原因がマイコプラズマなのかどうかを判別するために、血液採取やのどの粘膜から菌を有無を調べて特定をします。そして感染していることが分かった場合には症状の度合いによって治療法を変えます。

肺炎の状況が軽い場合には菌の増殖を防ぐための抗生物質を服用しつつ、自宅で絶対安静の下で菌がなくなるのを待ちます。そして重度の肺炎を起こしていることが分かれば即時入院をしてもらい、病院の特殊施設である無菌ルームで隔離しそのうえで肺の状況を見つつ抗生物質を投与して治療を施します。そして感染して菌がなくなる数週間待って体内から完全に菌がなくなったことがわかれば、晴れて外出が可能となります。

しかしマイコプラズマ肺炎の初期であればよいですが、それが中度もしくは重度に入ると危険です。なぜなら肺の組織はほかの組織と違って修復力を持っていないため、一度肺の組織が壊れれば元も戻ることはないからです。肺の機能が壊れると空気を取り入れる量も少なくなるので、後々に日常生活に大きな支障をきたす後遺症を残します。

そのためマイコプラズマ肺炎の感染がニュースやネットで流行マップを調べて広がっていることが分かれば、即座に予防をすることが大事です。予防方法としては、まず感染の原因は空気中にいる菌が皮膚に付着して口の中に入ってしまうことが原因です。そこで風邪と同様に外出したり人ごみの中にいるときには、密着型のマスクをするとともに手洗いうがいを徹底し服もすぐに洗浄することが感染リスクを減らすことにつながります。

他によく読まれている記事